キッチン用品・雑貨専門ONLINE STORE「イイキッチン」

送料一律 600円 15,000円以上で送料無料 お届けから7日間返品OK!!


イイキッチン トップページ > キッチン用品、道具のお手入れ

キッチン用品、道具のお手入れ

お気に入りのキッチン用品や道具は、正しいお手入れ方法を知ることで長く使い続けることができます。そこで、陶器・ステンレス製品・木製品の一般的なお手入れ方法についてご紹介いたします。

陶器

● 購入後にすること

底のざらつきが気になるものは、テーブルや食器棚を傷つける恐れがあるため、砥石と400番程度の目の細かいサンドペーパーで擦り、滑らかにします。

そして水洗いをし、十分な大きさの鍋に水を入れ火にかけ(あれば米のとぎ汁か米ヌカ一握りと一緒に)15分ほど沸騰させ、火を止めて半日ほど浸けます。この作業によって土や釉薬の目が埋まるため、汚れの染み込みや水漏れを防ぐことができます。その後はよく冷ましてから水洗いし、乾いた布で拭いて十分に乾かしましょう。

● 日々のお手入れ

吸収性が高い陶器は、油ものや色の濃い食べ物を盛りつけると、汚れやシミの原因になります。
使用する前に10分ほど水に浸すことで、油分や汁気、においの侵入を防ぐことができます。

そして、使用後はできるだけ直ぐに洗って乾燥させてください。洗浄する際は、食器洗浄機や金属のタワシを用いると、陶器の表面をキズつける恐れがありますので、なるべく手で洗うことをおすすめいたします。

洗剤を吸わせないためにも、汚れが軽いものならお湯だけで洗いましょう。また、破損を避けるためにも器の急熱・急冷はNGです。

ステンレス製品

洗う際はキズを防ぐために、柔らかいスポンジと液体の台所中性洗剤を使用します。くすんでしまった場合は、重曹や練り歯磨きを布巾につけて優しく磨き、お湯で洗い流せば、輝きを取り戻すことができます。細かい擦りキズを残さないためにも、磨く際は目立たないところで試してから行いましょう。

サビにくいステンレス製品ですが、基本的に酸や塩が苦手です。ステンレス製のカトラリーで酢の物や漬物など、酸や塩を含むものに触れた後は素早く洗い、しっかりと水分を拭き取って乾燥させることがサビさせないポイントです。

木製品

木製品を傷めないためには、使用後できるだけ早く洗い、水分を十分に拭き取ることが大切です。
中性洗剤を使用することはできますが、スポンジやたわしで擦りすぎないよう注意が必要です。煮沸消毒や長時間の水浸し、直射日光に当てることは避けるようにしましょう。

表面のかさつきが気になり艶がなくなったと感じたら、オイルを使用します。えごま油など乾性の油が望ましいですが、ない場合はオリーブオイルでも代用可能です。オイルをペーパータオルに染み込ませ、木製品に塗りこんでいきます。量が多すぎるとべたつきますので、少量をよく伸ばすのがポイントです。

全体にムラなく塗ったら、キレイなペーパータオルで拭き取ります。お気に入りの木製品を長く愛用するためにも、定期的なお手入れをおすすめします。

家事が楽しくなる、温かみのあるキッチン用品を通販でお求めの方は、ぜひii KITCHEN【イイキッチン】をご利用ください。お茶碗・お椀・お皿・カッティングボード・珈琲道具・トレーなど、こだわりのハンドメイド商品を多数取り揃えております。

また、食器の通販だけでなく、小豆島の大自然の中、手塩にかけて育てられたの無農薬野菜産地直送する「お野菜便」もおすすめです。定期配送も行っておりますので、愛情料理に新鮮野菜をプラスして健やかな日々をお過ごしください。


最近チェックした商品

該当する商品がありません。

ii KITCHEN【イイキッチン】は、「心を満たす、ご提案とご提供」をコンセプトに良いキッチンのことだけを考えた通販サイトです。
集められたアイテムは、キッチン用品テーブルウェアだけに限りません。
カッティングボードやトレー、珈琲道具、保存容器などのキッチンツールから、美濃焼や清水焼をはじめとした陶芸作家さんのハンドメイド食器、
小豆島から産地直送でお届けするお野菜、木工作家さんによるオールハンドメイドの家具に至るまで、種類豊富に取り扱っております。
みなさまに喜んでいただけるアイテムを幅広く揃えておりますので、どうぞごゆっくりご覧ください。

日本の魅力、陶磁器についてキッチンに木の温もりをキッチン用品、道具のお手入れその“旬”間の美味しい野菜自然を守る間伐材アイテム
「こだわり」をお店に置く。そんな食器あります。「気持ち」を包む、ラッピング方法いろいろ料理は段取り!?時間は節約!料理はおいしく!
小豆島の魅力知ってる?ドリップや保存方法1つで変わる“おいしいコーヒー”